ブログ「総戦力」

一人ひとりが必要な存在ですか?

そろそろ高校サッカーは各地でインターハイ予選が始まります。

鹿児島はあと3日で開幕。

各チームはコンディション調整をしたり戦術・戦略の確認をしている頃だと思います。

高みを目指すチームであればあるほど、選手がメンバー入りするためにしのぎを削ります。

また、一つでも多くの勝利を掴むためにチーム一丸となります。

受験を視野に入れている選手の大半はインターハイが高校最後の大会になるでしょう。

結果はコントロールできませんが、どんな結果であれ、

ベストを尽くしきることが僕の切実な願いです。

「ベストを尽くし切った」と言うために

どんなことが大切かを考える一つの見方があります。

それは、「必要感・重要感」です。

全てが終わった最後に、チームや仲間から

「お前はチームで必要な存在だった」

「お前がいたからここまでこれた」

そう言われるように今を過ごせていることが大切です。

指導者であれば、選手一人ひとりの必要性を見出すために観察し、

存在を受け入れ、認め、称賛できる関わるりが
選手の「必要感・重要感」を持たすポイントになります。

チームが大所帯になればなるほど、指導者は大会登録メンバーに意識が向き、
メンバー外の選手を気に掛けられなくなることは当然のことです。

ですが、時に外へ向けると、チームのために行動する選手がいます。

逆に、チームのための行動がとれない選手もいるでしょう。

それでも一人ひとりを必要な存在として扱ってあげることは

指導者の役割に思います。

選手のみんなは「チームに必要な存在」を心がける。

指導者の方は選手一人ひとりに「必要感・重要感」を持たせる。

それができた時、ようやくチームで一体感という状態がつくられ、

最も最適なパフォーマンスが発揮できます。

「一人ひとりが必要な存在ですか?」

インターハイ、全てのチームが最大パフォーマンスを発揮できることを

願っています!

では。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP