ブログ「総戦力」

言葉の捉え方は人それぞれ

サッカーで、「相手にもっと寄せよう!」

と良く言います。

僕も結構言ってます。

けど、当たり前のように通じると思っても、

思うようにいかないことがあるんです。

言ってるのに上手く伝わってないという経験

指導者の方なら一度に限らずたくさんあるんじゃないでしょうか?(笑)

「相手にもっと寄せよう!」

というフレーズは、実は選手によってわかりずらかったりするんです。

キーポイントは ”もっと” です。

想いが届かない選手の多くは

”もっと” がどのくらいなのかわからないんです。

「もっと寄せろ!」と言われて、たしかにさっきよりは寄せれたけど、足りてない…

だからもう一度「もっと寄せろ!」と怒られる…(笑)

そんなパターンがどの現場にも往々にしてあります。

この場合、”もっと” とはどのくらいの距離感なんでしょうか?

言葉は人それぞれ捉え方を変えるという特質があります。

指導者にとっての ”もっと” は2mだったかもしれません。

けれど、選手にとっての ”もっと” は 50㎝ かもしれなんです。

このことを知っているだけで、指導も精神衛生上、気分は楽になります(笑)

だから「あ、これ伝わらないパターンだな….」と思ったら、

「相手にあと2m寄せよう!」

と言うと伝わったりします。

「相手にあと2歩寄せよう!」でもいいかもしれません。

日常多く使うことば、結構曖昧な言葉が多くて、捉え方がそれぞれ違うケースが多いんです。

他の例でいうと、

「大勢の前だと緊張します…」

の場合の ”大勢” とは何人からを言いますか?というもの。

僕の場合は300人くらいが大勢になるんですが、

おそらくみなさん全員とは同じではないはずです。

このようにスポーツでは捉え方が異なる言葉が多く飛び交います。

だから使う言葉の意味を統一するという作業が

指導者にも選手にも必要です。

「「ライン!」と言ったら、ディフェンダーの4人のポジションを揃えることだよ」

とか

「「ギャップを狙え!」と言ったら、相手と相手の間にパスを通すことだよ」

とか。。

人によって言葉は捉え方が違うという前提があるので

言葉の捉え方を同じにする作業が重要だったりします。

もしかすると日常生活にもあてはまることかなと…。

みなさんの場合はいかがですか?

言葉の捉え方を同じにする作業をしておくと、

後々事がスムーズに進んでいくんじゃないかと思います!

では!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP