ブログ「総戦力」

コーチは魚の釣り方を教える人

「 魚の例で言えば釣ってあげるのではなく、

  釣り方を教えるのがコーチングだ。

  ヘルプは釣ってあげること。無条件で助けてあげることだ。

  ヘルプだとその場はしのげても問題は解決されず

  逆に大きくなるかもしれない 」

そう解くのはフットサル元日本代表監督のミゲルコーチです。

僕たち「コーチ」は、「コンサルタント」とは違い、

当事者に肩代わりをして問題解決をしません。

肩代わりをすると、

当事者は同じような問題に直面した時、

誰かにまた肩代わりしてもらわないと

解決することができなくなるからです。

だからお腹のへった当事者であっても

コーチは魚を釣って渡すことはありません。

コーチは当事者に合った魚の釣り方を教える人です。

それが生涯有効な財産(釣り方)になるからです。

厳密に言うと、

「教える」より、

「質問」や「承認」、「提案」することを通して、

当事者が魚の釣り方を探り、自ら発見するお手伝いを行います。

スポーツで例えるなら、

「勝ち」を用意してあげるのではなく、

「勝つ方法」を選手と一緒に探り、

選手が発見できるよう促す立場です。

コーチングとは

魚の釣り方を教える関わりです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP