ブログ「総戦力」

行動変容

誰かに何かを言われた時、

それ通りに行動してみようという確率は

どのくらいでしょうか?

例えば、小学生がいるご家庭で、

「宿題やりなさいね」と言われて、言われた通りに宿題する子は

全体の何割でしょう。

また、「本を読んだ方が良いよ」と言われて、

何人中何人が本を読み始めるでしょう。

統計的に言うと人は

アドバイスを受けて行動変容する確率は

3割

と言われています。

アドバイスは有効に働かないことが多いそうです。

逆に、人は自ら気付き・発見すること

今までの行いを改めたり、新しいことを始めようと

行動変容する確率は

7割

と言われています。

   <行動変容>

アドバイス:気付き/発見
    3:7

だからスポーツコーチングを学んだ時に

「気付きを促しましょう」

と教えてもらいました。

「気付くためのアプローチをたくさんもっておくことが優秀なコーチです。」

と教えてもらいました。

だから、ただアドバイスをするだけにならず、

「気付きを促す」ために

質問をしたり、提案したり、フィードバックしたり

様々なコミュニケーションスキルを学び、活用します。

スポーツでもビジネスでも学校でも

いい行動を増やし、悪い行動は減らすアプローチが

指導者やリーダーに求められています。

「アドバイスしたけどあいつは聞く耳持たなかった」

という経験があれば、「気付きを促す」方法をとる

ことがこれから重要になってくるでしょう。

行動変容させるためには

「気付きを促す」

重要なテーマです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP